爆弾を盗聴するコンピュータを発明したナイジェリアのオシオレノヤ・アガビ

シリコンバレーに拠点を置くおしおれの屋アガビは、爆発物の匂いを嗅ぎ、刺激を与えることができるコンピューターを考案した後、国際的な技術の脚光を浴びました