ETL統合ソリューションの上位6つの特典のロックを解除する

データ分析の要件が標準のレポートアプリケーションの容量を超える時期が来ています。 Google AnalyticsやMixpanelなどのツールが限られていることに気づいたら、 ビジネス・インテリジェンス (BI)堅牢で正確なソリューション。次に、カスタムBIソリューションを構築するには、ETL(抽出、変換、ロード)とも呼ばれるデータ統合の基盤を構築する必要があります。ここで、ETLとは何か、およびETLがビジネスにとってどれほど有益であるかを理解してください。

抽出、変換、読み込みの詳細





一般に、企業は無数のデータソースにアクセスできますが、多くの場合、企業内に存在するデータは、あまり役に立たない方法で提示されます。ここに、ETLなどの強力なソリューションの価値があります。

ETLは、企業がさまざまなソースからデータを収集して1つのデータストアに処理し、さまざまな目的で分析および使用できるようにするテクノロジです。分析の最終結果は、ビジネスの効果的な戦略と意思決定を設計するために使用できます。よりよく理解するには、ETLプロセスの各セグメントをより詳しく見てください。

エキス: これは、データソースがターゲットに設定され、そこからデータが取得され、変換、統合、および他の場所への格納が可能なステップです。



変換: データは必ずしもビジネスが望むまたは期待する形で存在するわけではないので、データを変換する必要性は悲惨になります。このステップでは、エンドユーザーが問題なく解釈できるように、収集されたデータが変換、クリーンアップ、および調和されます。

負荷: この最後のステップでは、データが保存されます データのソート、クリーニング、検証、準備を行った後、倉庫またはターゲットリポジトリ内。保存されたデータは、将来の分析に使用できます。

ETLがビジネスに力を与える



ETLソフトウェアは、データの抽出と準備に必要な追加の時間を節約することにより、ビジネスの世界に革命をもたらしました。これは、ビジネスでのそのデータの評価と使用に費やすことができる時間です。各ステップが役立ちます データサイエンティスト また、データアナリストはデータを分析し(異質および同質)、時間を失うことなく、精度を損なうことなく、データからビジネスインテリジェンスを抽出します。

ETLソリューションは、低速で複雑な従来の方法とは対照的に、使用がはるかに高速です。理解を深めるために、再び3つの段階に飛び込みます。

エキス: 「チェーンは最も弱いリンクとしてのみ強い」。このことわざは、ETLのコンテキストに完全に適合しています。つまり、ETLチェーンの結果は、最初のリンク、つまり抽出によっても決まります。抽出段階では、データソースが識別され、リフレッシュレートと優先順位が決定されます。これは、洞察までの時間に大きな影響を与えます。



変換: データが抽出された後、変換が実行されて、元のデータの沼地に明確さと順序をもたらします。日付はタイムブラケットに統合され、トランザクションはイベントにモデル化され、データの場所は調整されたものに変換されます。

負荷: 変換されたデータは最終的に倉庫に保管されます。このフェーズでは、読み込みが増分で行われるか、継続的に行われるかを決定します 基礎。



データ管理プロセスの高速化とは別に、ETLは企業が無数のデータ需要に対応し、データ民主主義を維持できるようにします。 ETLソフトウェアが提供する最も重要な利点のいくつかは次のとおりです。

1.使いやすさ: 単純ではないツールは複雑さをもたらします。企業が最新のETLデータ統合テクノロジーを好む主な理由の1つは、使いやすさの機能です。このツールの仕事は、データの抽出と分析、その後の変換と読み込みのためのデータソースを指定することです。そのため、従来の意味でのコーディングの必要性が完全に排除され、プロセスがよりシンプル、より高速、そしてより良くなります。

2.運用の回復力: 多数のデータウェアハウスが壊れやすく、エラーが発生しやすくなっています。組み込みのエラー処理機能を備えたETLツールは、データエンジニアが、堅牢でエラーのない、回復力があり、うまく調整されたシステムを構築できるようにします。

3.データ品質: 変換段階では、データセットが普遍的な標準に変換され、これによりクリーンで効果的なデータモデルへの道が開かれます。 ETLはまた、データを意味的に一貫させる機会を提供し、それにより、データをより便利にするだけでなく、主要な利害関係者にアプローチしやすくします。 ETLは、微調整、地理的変更、専門知識の注入、ソースの照合、修正などの追加の強化ステップにより、ビジネスの決定に直接影響を与えるデータの品質を向上させます。

4.ビジネスインテリジェンス: ETLが抽出、変換、ロードなどのプロセスを合理化および加速するにつれて、データへのアクセスが改善されます。データアクセスが改善されたため、組織は情報に基づいた戦略的および運用上の意思決定を簡単かつ正確に行うことができます。これらのソリューションにより、ビジネスリーダーはデータから情報を導き出し、それに応じて行動することができます。

5.より高いパフォーマンス: ETLデータ統合ソリューションは、ビジネスインテリジェンスユーザーのパフォーマンスを大幅に向上させます。これは、高品質のデータウェアハウジングシステムを構築するプロセスを簡略化し、データの品質を向上させることで実現します。

6.より高い収益: ETLソフトウェアはデータ処理の速度を上げ、あらゆる種類の遅延を排除するため、追加コストの節約にも役立ちます。これにより、ビジネスユーザーは顧客に楽しい体験を提供できるようになり、その結果、売上が増加し、最終的には収益が増加します。

強力なETLソリューションでパスフォワードを設定

ETLテクノロジーが非常に有用であるという事実は否定できませんが、すべてが同じ種類の結果を提供するわけではありません。一部はより顧客中心であるが、いくつかはデータ中心である。では、どのようなETLソリューションを選択しますか?

混乱を避けるために、ソリューションを選択する前に、特定の要件と顧客の要求に注意を払う必要があります。それらの1つは 取得した接続。簡単、直感的、効果的、効率的なインターフェースにより、ビジネスユーザーはリアルタイムでデータにアクセスし、要件に応じて正確な方法でデータを変換できます。次のようなすべてのタイプのデータ変換を可能にします。

XMLへのフラットファイル

Excelからデータベースへ

XMLからCSV

XMLからEDI

HIPAA to XML

HL7からXMLなど

これにより、ビジネスインテリジェンスが向上し、パフォーマンスが向上し、収益の生成が合理化されます。さらに、AdeptiaのETLツールは、ITチームを強化してデータプロセスを管理し、生産性を向上させます。

それでは、カスタムETLソリューションを進める準備はできていますか?ここで、Adeptiaを使用してデータを抽出、変換、ロードすることがいかに簡単であるかを理解してください。